医療法人クリニカ・ドンナ 洋子レディースクリニック
診療内容 受診される皆様へ クリニック案内(予約方法) ドクター紹介&メッセージ 女性検診の解説
当クリニックでは、子宮頸ガン検診子宮体ガン検診卵巣ガン・子宮筋腫・子宮内膜症検診(経膣超音波検査)骨粗しょう症検診乳ガン検診を推奨しています。それぞれの検診について、何歳から受けたらよいのか、なぜその検診を受ける必要があるのか。ここでは、これらの疑問にお答えします。
子宮頸ガン検診
【受診年齢】20歳以上毎年1回
20代・30代の頸ガンが増えています。頸ガンの発生には、性行為によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)が関与しており、性体験の若年化が原因と考えられます。頸ガンのうち、腺ガンは非常に進行が早く、検診を受けて1年以内でも症状があれば検査が必要です。
20代・30代の女性ガンの発生率第1位は、頸ガンです。
頸部から細胞を取り、顕微鏡で調べます。痛みもほとんどなく、30秒ほどで検査は終了します。
子宮頸ガン患者の年齢別割合 20代〜50代のガン患者数(人口10万人)
戻る
子宮体ガン検診
受診年齢】30歳以上毎年1回
食生活の欧米化にともない、体ガンが増えています。現在、体ガン患者数は、頸ガンとほぼ同数に増えています。
若年化しており、49歳以下の発生が増えています。
体部から細胞を取り、顕微鏡で調べます。子宮は入口部分(頸部)が狭く、奥(体部)に向かって扇の様に広がっています。体ガン検診の際には、多少の出血や疼痛をともなう場合があります。また、頸ガン検診に比べて細胞診の正診率がやや劣る可能性があります。
体ガンと頸ガンの患者数の比率 49歳以下の子宮体ガン患者率の推移
戻る
卵巣ガン・子宮筋腫・子宮内膜症検診(経膣超音波検査)
【受診年齢】20歳以上毎年1回
卵巣ガンや子宮筋腫の増加がみられます。経膣超音波検査はほとんど痛みがなく、短時間で終わります。腫瘍マーカー検査に比べて、卵巣ガンの早期発見には、はるかに有用です。
卵巣ガン死亡者数の推移
戻る
骨粗しょう症
【受診年齢】40歳以上毎年1回・30歳頃、1度は最大骨量をチェック
寝たきりの主要な原因には、背骨の圧迫骨折や大腿骨骨折があります。骨密度は、20歳〜30歳で最も高くなり(最大骨量)、更年期の前後から約10年間は急激に変化します。微量のエックス線を利用して、手首の骨の骨塩量を測る検診です。痛みをともなわず、2〜3分で簡単に行えます。最近の車社会、運動不足も骨密度が低い原因の1つです。世界一の長寿国日本において、寝たきりによる本人と家族の大きな負担を考えると、検診による早期発見・早期治療が大切です。
骨密度の推移 寝たきりの原因
戻る
乳ガン検診
【受診年齢】25歳以上毎年1回
日本人女性の30人に1人が乳ガンになっています。食生活の欧米化にともない、乳ガンが増えています。また、若年化が進み、20代、30代の乳ガンもみられます。当院では、全例視触診と超音波による検診を行っています。痛みがなく、短時間で終わります。腫瘤の有無を調べるには直接細胞を採取して調べる子宮ガン検診とは、検診の質が大きく異なります。腫瘤を触れない乳ガンを非触知乳ガンと呼び、この段階では、通常検診でみつかることはありません。乳ガンが腫瘤として触知できる大きさに成長するまで約5年〜10年を要します。腫瘤の大きさが2p以内の乳ガンの多くは乳房温存手術が可能です。毎年の定期健診だけでなく、月に1度の自己検診も大切です。
乳ガン死亡者数の推移 乳ガン患者の年齢別割合
戻る